金融商品販売法に係る重要事項のご説明

リテラ・クレア証券 株式会社

「金融商品の販売等に関する法律」により、金融商品販売業者等は、お客様に金融商品を販売するにあたり、あらかじめ商品毎の重要事項を説明することが義務付けられております。
つきましては、下記の重要事項をよくお読みのうえ、お取引いただきますようお願いいたします。
なお、下記の重要事項は、一般的なものをお示ししておりますので、その他詳細なリスク説明等につきましては、上場有価証券等書面・契約締結前交付書面、目論見書等を十分にご確認くださいますようお願いいたします。

  1. 上場有価証券等の取引に関する重要事項
    一般的に、上場有価証券等の取引には、以下のリスクがあります。
    【価額変動リスク】
    • 株式や転換社債型新株予約権付社債(転換社債)等の場合は、株価の変動や金利変動の影響等により、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。また、一般に流動性の低い銘柄や新規公開株式は価格変動リスクが大きくなります。
    • 上場投資信託(ETF)、上場不動産投信(RIET)、指標連動証券(ETN)等の場合は、連動対象となっている指数や指標等の変動等により、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【信用リスク】
    • 上場有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等に基づき、上場有価証券等の価格が変動することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【為替リスク】
    • 外貨建て上場有価証券等の場合には、外国為替相場の変動等により、円換算での上場有価証券等の価格が変動し、外貨建てでは投資元本を割り込んでいなくても、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    • ※上場有価証券等の取引にあたっては、購入対価のほかに、所定の取引手数料を当社にお支払いいただく必要があります。また、信用取引の場合には、別途、諸費用がかかります。
    • ※ 信用取引にあたっては、事前に所定の保証金を当社に差し入れていただく必要があります。また、差し入れした保証金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれもあります。なお、信用取引の相場の変動により、必要保証金額(率)を下回った場合には、保証金の追加差し入れが必要となります。
    • ※ 転換社債型新株予約権付社債(転換社債)について、株式への転換を請求できる期間には、制限がありますのでご留意ください。
  2. 債券取引に関する重要事項
    一般的に、債券取引には、以下のリスクがあります。
    【価格変動リスク】
    • 市場金利の上昇等による債券価格の下落等により、償還前に途中売却する場合には、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【信用リスク】
    • 発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等に基づき、元本や利息の支払能力(信用度)が変化し、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【為替リスク】
    • 外貨建て債券の場合には、外国為替相場の変動等により受取金額が変動し、外貨建てでは投資元本を割り込んでいなくても、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【カントリーリスク】
    • 外貨建て債券の場合には、投資対象国・地域における政治・経済情勢の変動、税制等諸制度の変更、天変地異等による基準価額の変動により、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    • ※ 債券取引にあたっては、購入対価を当社にお支払いいただく必要がありますが、取引手数料はかかりません。ただし、外貨建て債券をお取引される場合には、別途、為替手数料がかかります。
    • ※ 仕組債を取引される場合には、利率変動リスク・償還価格変動リスク・流動性リスク等、仕組債特有のリスクが存在しますので、目論見書等を十分にご確認くださいますようお願いいたします。
  3. 投資信託取引に関する重要事項
    一般的に、投資信託取引には、以下のリスクがあります。
    【価額変動リスク】
    • 組み入れた株式、債券及び商品等の価格変動(組入れ商品が外貨建てである場合には通貨価格の変動も受けます。)に基づいて基準価額が下落することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【信用リスク】
    • 組み入れた株式、債券及び商品等の発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等に基づき、基準価額が下落することにより、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    【為替リスク】
    • 外貨建て投資信託(外貨建てMMF等)は、外国為替相場の変動等により受取金額が変動し、外貨建てでは投資元本を割り込んでいなくても、円換算での投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。
    • ※ 投資信託の取引にあたっては、購入対価のほかに、投資信託の種類に応じて、販売手数料(かからない場合もあります)を当社にお支払いいただく必要があります。また、信託報酬・信託財産留保額等の諸費用が必要になる場合があり、投資信託によっては、運用成績に応じた成功報酬やその他費用が間接的に差し引かれる場合もありますので、目論見書等を十分にご確認くださいますようお願いいたします。
    • ※ クローズド期間がある投資信託の場合は、クローズド期間中換金することができませんのでご留意ください。
  4. 指数先物取引に関する重要事項
    一般的に、指数先物取引には、以下のリスクがあります。
    【価格変動リスク】
    • 指数先物取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより差入れした証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。また、市場価格が予想とは反対の方向に変化した時には、比較的短期間のうちに差入れした証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれもあります。
    • ※ 指数先物取引にあたっては、購入対価のほかに、所定の取引手数料を当社にお支払いいただく必要があります。
    • ※ 指数先物取引にあたっては、事前に所定の証拠金を当社に差し入れていただく必要があります。また、指数先物取引の相場の変動により、計算上の損失額が発生したときは、証拠金の追加差入れが必要となります。
  5. 指数オプション取引に関する重要事項
    一般的に、指数オプション取引には、以下のリスクがあります。
    【価格変動リスク】
    • 指数オプション取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより差入れした証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
    【その他リスク】
    • 買方特有のリスク(期間リスク):指数オプション取引は期限商品であり、買方が期日までに転売又は権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。
    • 売方特有のリスク:売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければならず、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されておりません。売方は、指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差入れなければならず、その後、相場の変動により不足額が発生した場合には、追加証拠金の差入れが必要となります。また、所定の時限までに証拠金を差入れない場合、損失を被った状態で売建玉の一部又は全部を決済される場合もあり、この場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。
    • ※ 指数オプション取引にあたっては、購入対価のほかに、所定の取引手数料を当社にお支払いいただく必要があります。
    • ※ オプションを行使できる期間には、制限がありますのでご留意ください。

以 上
(平成25年6月)

ページトップへ戻る
重要事項説明